学術業務を担当したい薬剤師の求人の探し方

薬剤師として働くときには調剤薬局や病院などを職場として選んでしまいがちですが、臨床現場から離れて働く道もあります。製薬メーカーで学術業務を担当するのはその道の一つとしてよく注目されています。学術業務に興味を持ったらどのようにして求人を探したら良いのでしょうか。

そもそも学術業務とは何かという点から理解を深めていきましょう。

京都で薬剤師の求人に応募した体験談


そもそも学術業務とは何か

製薬メーカーでは学術職を置いていることが多くなりました。学術業務を担当する職種として知られていて、会社規模が大きくなるほど多くの人材を抱えるようになっています。学術業務の担当者は大半が薬剤師の資格を持っている人というのが一般的で、若干名の医師の資格を持っている人や特に資格のない人が混ざっている程度のことがほとんどです。参考元⇒APOPLUS薬剤師|薬剤師求人

製薬メーカーでの仕事なので薬剤師にしかできない調剤や医薬品管理などの業務を担当するわけではありません。

それでもなお薬剤師が求められているのは、医薬品のプロフェッショナルとしての知識や理解力が必要とされている仕事だからです。学術業務とは平たく言ってしまえばDIに基づく業務全般を指します。DIとはDrug Information、医薬品情報のことであり、自社の販売している医薬品についての情報を司る要の職種となっています。

自社開発の段階でわかっていた知見についてまとめたり、臨床現場で利用されたことによって見いだされてきた知見について収集したりするのが主な業務です。そして、その情報を社内あるいは臨床現場に向けて発信することまでカバーすることが多くなっています。

社内の広報誌などを作成して社員教育や情報共有に取り組むだけでなく、自社製品の価値を知らしめることで社内マーケティングも実施することが求められる場合も少なくありません。社外については学術職の人が直接営業やマーケティングをするケースは少なく、MRに情報提供をすることで任せることが多くなっています。

ただ、中小企業の場合には学術職がMRを兼任することもあり、自分で調査した内容を資料としてまとめて自らマーケティングをすることもないわけではありません。企業規模が大きくなると明確に職種が分離されていて、MRなどのサポートをする形で資料作成や情報調査を担当することになるのが通例です。

最近ではメディカルサイエンスリエゾンを置く製薬メーカーも増えているため、安全性情報についてはメディカルサイエンスリエゾンとの連携が必要になっています。


学術職の適性について理解しよう

学術職を選んで仕事を探すべきかどうかで悩んだときには適性について考えてみるのが大切です。人によって調剤薬局で調剤に専念するのが良いか、病院の臨床現場で働くと活躍できるか、あるいは製薬メーカーで学術職をした方が世の中に貢献できるかは異なります。

学術職は情報調査能力と整理力、プレゼンテーション能力が求められるのが特徴です。デスクワークが基本になり、高度な医療と医薬品の知識や理解力が求められます。しばしば修士卒以上の学歴を求められているのも特色で、英語の論文やニュースなども読みこなせることが必要なのが通例です。

身体を動かす仕事ではないので体力的な負担は少ないですが、頭を使った仕事になるのは確かです。プレゼンテーション能力については特に口頭でのプレゼンテーションではなく資料作成のスキルが重視されます。MRやメディカルサイエンスリエゾンにもわかりやすいだけでなく、営業やマーケティングをする相手に対しても理解しやすい資料を作れなければなりません。

ある意味ではバックオフィスのサポート業務になるという点から、献身的な働き方ができる人にも高い適性があるでしょう。また、探求心がある人も情報収集を細かく行えることから学術職に向いています。

企業で働きたいなら他にも選択肢がある

企業で働きたいから学術職に興味を持つという薬剤師もします。

企業で働くのにこだわるのであれば学術職以外も候補に入れて求人を探すのは肝心です。製薬メーカーでの求人募集はそれほど多いわけではなく、職種にもこだわると全国で探しても求人が見つからないこともあります。

薬剤師が活躍できる可能性が高い職種として研究職、MR、メディカルサイエンスリエゾン、コールセンターというのが主な選択肢として挙げられます。特に修士以上のキャリアがある人の場合には研究職で活躍できる可能性が高いので求人を探してみると良いでしょう。

ただし、職種によって担当する業務にも違いがあるのであらためて適性を考えてみることも忘れてはなりません。

学術職を見つけるための重要なポイント

やはり学術職で働きたいと考えたらどんな求人の探し方をしたら良いのでしょうか。学術職は多くの製薬メーカーで重視されるようになってきているのは確かですが、求人が決して豊富というわけではありません。まず大切なのは製薬メーカーの本社または研究所がある地域で求人を探すことで、可能であれば全国的に探し回るというスタンスを持ちましょう。

大手であれば東京などの都心に本社を置いていることもありますが、つくばなどの学術研究都市に拠点や研究所がある場合もよくあります。地域を限定してしまうと学術職を見つけるのは困難になりがちだということは念頭に置いておく必要があるのです。

複数の求人を見つけられたらどうするか

求人を探す地域によっては学術職の求人が複数見つかることもあります。どの求人に応募すべきかで悩むかもしれませんが、複数の候補があったなら全て応募してみるのが賢明です。基本的には一名のみ採用という形になっていて、競合相手がたくさんいると考える必要があります。

例え企業のニーズに合っていたとしても、もっと適性のある人が応募していたら不採用になってしまうことは否めません。少しでも採用される可能性を高めるためには求人を見つけたらすぐに応募して選考を受けるというスタンスが必要です。

そもそも学術職の求人を見つけられたら幸運だという認識を持ち、速やかにどの求人にも応募するように心がけましょう。

学術職も視野に入れて仕事を探そう

薬剤師が活躍できるのは臨床現場だけではなく、製薬メーカーでDIのプロとしての道を歩むことも可能です。学術職はMRやメディカルサイエンスリエゾンを支え、企業の利益と信頼を生み出すための重要な職種として知られています。

学術職は地域を限定してしまうと求人が見つかりにくいので、できるだけ広い地域を候補にして探すようにしましょう。